フロン類算定漏えい量の集計結果の公表について
PUBLISHED

冷媒管理システム「RaMS(ラムズ)」の導入メリットRaMS(Refrigerant Management System)

RaMSとは「フロン排出抑制法」で遵守必要な項目をインターネット上で全て電子的に行うことができ、付加的なサービスを提供するものです。
フロン排出抑制法(第76条)で指定を受けた情報処理センターとして一般財団法人日本冷媒・環境保全機構はRaMSを運営提供しています。

冷媒管理システム「RaMS(ラムズ)」の導入メリット

フロン類算定漏えい量報告・公表制度による平成28(2016)年度 フロン類算定漏えい量の集計結果の公表について

経済産業省及び環境省は、フロン排出抑制法に基づくフロン類算定漏えい量報告・公表制度により、業務用冷凍空調機器を使用する事業者から報告のあった =平成28(2016)年度のフロン類算定漏えい量を集計し、今般、公表しました。
報告を行った事業者(事業所)数は、特定漏えい者が445事業者(特定事業所:218事業所)でした。また、報告されたフロン類算定漏えい量の合計値は219万t-CO2(特定事業所:57万t-CO2)でした。

※詳細はこちらをご覧下さい。(経済産業省、環境省)
» http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180323002/20180323002.html
» http://www.env.go.jp/press/105297.html

公表日:平成30年3月23日(金)