RaMSの情報管理と指定法人
Information Management

冷媒管理システム「RaMS(ラムズ)」の導入メリットRaMS(Refrigerant Management System)

RaMSとは「フロン排出抑制法」で遵守必要な項目をインターネット上で全て電子的に行うことができ、付加的なサービスを提供するものです。
フロン排出抑制法(第76条)で指定を受けた情報処理センターとして一般財団法人日本冷媒・環境保全機構はRaMSを運営提供しています。

冷媒管理システム「RaMS(ラムズ)」の導入メリット

冷房管理システム「RaMS」の情報管理 冷房管理システム「RaMS」仕様と料金

「RaMS」は法令の規定による、すべての要求事項を満足したシステムによって運営されていますので、情報管理は万全です。

RaMSは経済産業大臣と環境大臣により、「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」に基づく「情報処理センター」として指定されました。(平成27年1月27日:環地温発第1501271号)
法第78条で定められている「業務規程」を平成27年1月30日に認可(環地温発第1501301号)され運営しています。

業務規程:省令第86条による要求事項

  1. 情報処理業務を行う時間に関する事項
  2. 情報処理業務を行う事務所の所在地
  3. 情報処理業務の実施に係る組織、運営その他の体制に関する事項
  4. 情報処理業務に用いる設備に関する事項
  5. 電子情報処理組織の利用条件及び手続に関する事項
  6. 電子情報処理組織の利用者への情報提供に関する事項
  7. 電子情報処理組織の利用料金及びその収受の方法に関する事項
  8. 区分経理の方法その他の経理に関する事項
  9. 情報処理業務に関して知り得た情報の管理(情報の安全を確保するために必要な措置を含む。)及び秘密の保持に関する事項
  10. 情報処理業務に関して知り得た情報の漏えいが生じた場合の措置に係る事項
  11. 情報処理業務に関する苦情及び紛争の処理に関する事項
  12. 法第80条の規定により業務の休廃止を行った場合及び法第85条第1項の規定により指定を取り消された場合における情報処理業務の引継ぎその他の必要な事項
  13. その他情報処理業務の実施に関し必要な事項